活動報告

 5月27日の第六回CO2入門は,あつぎ環境市民の会前代表の狩野光子様のご講演でした.

 授業開始前に教室に伺うと,いつもの上品でチャーミングなお声で,いろいろと話しかけてく
ださいました.もう古希だから誰かに後を託したいようなお話もされていらっしゃいましたが,ご
講演を拝聴した限りでは,環境問題を中心に,まだまだ溢れる思いが後から後から湧き出て
きているようでした.

 演題は,「持続可能な社会を目指して」ということで(少なくともここ数年は一貫してこのタイト
ルです),広い視野で世界を見渡し,総合的に物事を判断できる力を身につけるように,といっ
たアドバイスから始まり,持続可能な社会とはどんな社会か,環境問題と何か,について,い
ろいろな事例,資料,経験などを交えて,お話し下さいました.

  いつもご講演の際には,「お土産」を持参して下さいますが,今回は,今朝ソーラークッカー
で作ったという「ゆで卵」とソーラークッカー「ひまわり」,そして,なんと「南極の氷」が,お土産
でした.南極の氷は,ビニール袋の口をあけて耳を近づけると,中から気泡が「プチプチ」と出
ているのが聞こえてきます.ソーラークッカーとゆで卵は学生が持ち帰りましたが,南極の氷は,
このまま融かしてしまうのはもったいない,と斎藤先生が持ち帰りました (^o^) .


タイトル(狩野さん)s.jpg


狩野さんとソーラークッカ.jpg





5月20日(土)の第五回目のCO2入門は,三人目の学外講師として,動物写真家の
園原徹様にご講演いただきました.
園原様にも,このプロジェクト開始当時から,毎年ご講演をいただいております.

クマが好きで,毎年のように北極圏へクマ(シロクマやグリズリー)の撮影に行って,
クマだけでなく北極圏の動物や自然の素晴らしさ,厳しさをファインダーに収めてこら
れた方です.

現在は,ご家族の介護のため,北極圏へは行かれていないということで,北海道の
自然や動物の撮影(空撮が多いようです),新境地として大型船の撮影などを行って
いるようです.今回は,まずこれらの写真の紹介から始まりました.

実は,ご講演開始後,いつもと比べて元気がないような印象を受けていたのですが,
アラスカや北極圏の写真の紹介になり始めると,だんだん,いつもの調子が戻って
きたように感じました.私たちにとっては,北海道の知床でもかなりの秘境ですが,
園原様にとっては,やはり,北極圏の話でないと元気が出ないのかもしれません.

何度見ても極北の写真には魅せられるものがありますし,園原様の体験談は興味を
引きます.はじめての学生たちにとっては,なおさらでしょう.

ご講演の最後に,恒例のじゃんけん大会(園原様が撮影した貴重な写真がプレゼント
されます)を行い閉会となりましたが,これも恒例で,解散後,学生たちが園原様を囲
んで質問攻めにしていました (^o^)


タイトル(白くま)s.jpg


















園原さんs.jpg


講演終了後s.jpg






4月22日,第三回の入門の授業がありました.

講師は,人工土壌「ヴェルデナイト」の開発・製造を行うアグリベンチャー企業ヴェルデ
代表取締役の田野島鐵也様.この教育プログラム開始当初から,毎年のように講師
としてご講演いただいています.

演題は,「天然土壌資材「ヴェルデナイト」を活用した有機栽培立体植物工場事業」 と
ありましたが,土,土壌に関するお話から始まり,食糧国内自給の重要性,アフリカの
農業支援などについて,お話ししていただいている間に予定の時間が過ぎてしまい,
植物工場事業についての話までは行きつきませんでした.
(PPのパネルは準備されているようでした.聴講学生が新入生かどうか確認されてい
ましたので,急遽,ビジネスに関するお話はやめられたのかもしれません).

田野島様の広い視野と知識に裏付けられた興味深いご講演であったためか,授業
終了後,たくさんの学生たちが,田野島様に直接質問していました.



ヴェルデ2.jpg




4月15日,第二回 Stop the CO2 入門 を実施しました.

今回は,
厚木環境農政部環境政策課の山崎様から,
 IPCC報告書をもとに地球温暖化の現状
 厚木市の地球温暖化対策
 我々ができる温暖化防止,抑制対策

厚木環境農政部環境事業課の服部様から,
 厚木市のごみ収集方法(ガイドブックの説明)

鈴木油脂の二宮様から,
 廃油のリサイクルについて 

のお話がありました.

厚木市環境農政部様からは,毎年のように環境に関するお話をいただくとともに,
関係企業様のご講演もご紹介いただき,大変感謝しております.
ご講演後,学生からも活発な質問がでて,大変有意義な入門授業となりました.

環境農政部環境政策課山崎様.jpg

                  環境政策課 山崎様


環境農政部環境事業課服部様様.jpg

                  環境事業課 服部様


鈴木油脂二宮様.jpg

          鈴木油脂 二宮様の最後のPPパネルが印象的でした




4月8日,CO2入門第1回目として,ガイダンスを実施しました.

新入生は4月1日から昨日まで,4月2日の日曜日を除き,オリエンテーションや入学式が
続きました.さらに本日はあいにくの雨となり,土曜日でもあることから,参加人数を心配
しながら教室へ向かいましたが,70名余りの新入生の皆さんがガイダンスに参加して下
さいました.

今井先生から,
  ガイダンスの流れ
  この科目の履修の仕方
  この科目の意義・コンセプト
  IPCCの資料をもとに地球温暖化の現状
などの説明があり,最後にアンケートを実施しました.
アンケート後に,多くの学生さんから,履修方法や環境問題そのものに関する意見や
質問がありました.

この中から,たくさんの学生さんがCO2入門を受講して下さることを期待しています.(H.T.)


第一回ガイダンス1.jpg




CO2入門

2017年度が始まりました。Stop the CO2プロジェクトは表題の科目からスタートします。
環境問題に興味のある学生は、4/8(土)2限に行われるガイダンスに出席して下さい。
何かわからないことがあれば、M科今井(C2号館W407室)まで来て下さい。

CO2入門の予定

毎週土曜日2限開講の表題講義のスケジュールが決まりました。
K2号棟の掲示板,このホームページの受講生用連絡掲示板をご覧下さい。
本講義を通して,環境に関する多様な捉え方や見方があることを,知ってもらいたいと思います。
問い合わせ先:M科今井(C2-W407)

各科目のガイダンスについて

1年生:Stop the CO2入門 4/9(土)2限 3404教室
2年生:プロジェクト?  4/12(火)5限 E3-102教室
3年生:Stop the CO2最前線 4/8(金)5限 1406教室
3年生:環境と新エネルギー 4/12(火)5限 1303教室

既に掲示済みですが,以上になります。
希望者は必ず出席して下さい。

問い合わせ先:M科 今井(C2-W407)

4/18 CO2入門

 4月18日(土),先週のガイダンスに引き続き,第一回目のCO2入門を実施しました.

 一人暮らしになる新入生のほとんどが厚木市内で下宿することから,毎年第一回目は,厚木市役所の環境関係部署から講師をお招きして,厚木市のゴミの出し方や環境政策への取り組みについてお話していただいています.また,今年は,厚木市から委託を受けてリサイクル事業を行っている中央カンセー(株)様にもご講演いただきました.

 週末の土曜日にご講演いただいた厚木市環境農政部と中央カンセー講師の皆様,どうもありがとうございました.

 

資源とゴミの正しい出し方.jpg

          「資源とごみの正しい出し方」 (厚木市環境農政部様)

親元を離れて初めて一人暮らしを始めたばかりの新入生にとって,貴重なお話だったのではないでしょうか.

 

教室全体後方より.jpg

 全学の学生を対象としているため,時間割の関係で土曜日に開講していますが,

今年もたくさんの新入生が受講しています.

 

廃棄物のリサイクルとCO2削減.jpg

       「廃棄物のリサイクルとCO2削減について」(中央カンセー(株)様)

廃棄プラスチックと紙ごみから作ったRPF(バイオマス固形燃料)の見本も回覧されました.

いろいろなプラスチックや紙が混じっている廃棄物から,品質一定な固形燃料にするところに技術力が必要なようです.

 

1mの風船のCO2を考えてみよう.jpg

         「厚木市のエネルギー政策」 (厚木市環境農政部様)

恒例の"直径1mの風船"を用いた家庭から排出される二酸化炭素量についてのお話.

教室内が最も盛り上がる瞬間ですが,この写真の撮影直後,風船は破裂してしまいました.(^_^)

 

                                                 (H.T.)

 

Stop the CO2入門ガイダンス報告

4/11(土)の入門ガイダンスでは,約140名という多くの015年度入学生のみなさんに集まって頂きました.これから半期スタートしますが,各人が環境について多面的に考えるきっかけになることを願っています.スケジュールについては,本WEBの受講生用連絡掲示板に記したので,チェックして下さい.M科 今井(C2-W407)